<   2009年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
甥っ子 1歳のお誕生会
c0166082_1582884.jpg

今日は姉の子供のお誕生日。1歳になりました。姉のお手製巨峰タルトに、1のローソク!
両家の両親が集まったので、姉1人では大変なので私もお料理を作って持って行きました。
c0166082_2104840.jpg

朝買いに行った予約していた一升餅。私も、1歳の時にこうゆうのをしょわされたそうな。全く覚えていない・・・。
その日の朝についたばかりの柔らかい美味しいお餅でした。帰りにたくさんわけてもらいました♪
c0166082_2105753.jpg

本人は自分の誕生日などという意識はもちろんまだなく、
大人たちに捕まえられ、重い一升餅を背負わされ、困り顔。それがまたカワイかったです・・。
甥っ子は順調に成長しています。今月初めに歩き始めたそうです。
c0166082_158504.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2009-10-31 22:26
スイスのチョコレート
c0166082_23552875.jpg

スイスでチョコレートを買ってきました。
私はビターチョコが苦手で、ホワイトチョコ系が好きなので、
COOPでクリームブリュレ味のホワイトチョコをたくさん買ってきました。毎日かじってしまい危険です・・。
他にも、パッケージが可愛らしい美味しそうなチョコがあったのでいくつか買ってきました。
c0166082_23553728.jpg

スイスは地域によって言語が違うので、チョコレートのパッケージにも、3つの言語表記がされています。
White chocolate という英語表記はなくて、上から

WEISSE SCHOKOLADE(ドイツ語)
CHOCOLAT BLANC(フランス後)
CIOCCOLATO BIANCO(イタリア語)

と書かれています。裏の成分表示もちゃんと3つの言語で表記されています。
現地で旅行してみて、改めて一つの国で複数の言語が話されているということの不思議さを感じました。
ちょっと電車に数時間乗っただけで、言葉が変わってしまうのですから。
妹の住むローザンヌはフランス語圏、グリンデルワルトなどの山のあたりはドイツ語圏でした。
イタリア国境近くの地域はイタリア語圏です。
それに加えてほとんど英語も通じるのですから、すごいです。
政府は何語で国民に呼びかけるのだろう?とか、素朴な疑問が多々わきます。
[PR]
by mrs_ladybug | 2009-10-19 00:11 | 2009年(スイス・イタリア)
セントバーナード峠を越えてスイスへ
c0166082_23162483.jpg

イタリアからスイスへ戻る途中に、セントバーナード犬の発祥の地である、セントバーナード峠を通りました。
ナポレオンが通ったことでも知られる峠で、この峠でセントバーナード犬が多くの遭難者を救ってきたそうです。
今はセントバーナード犬の博物館があり、犬と触れあえる、ということで寄ってみたのですが、
3日前に山を降りてしまったそうです・・ 残念!
c0166082_23164439.jpg

それもそのはず、ここは標高2473メートルで寒い!!この峠を越えるとスイスです。
山を登るにつれて天気が悪くなっていき、雲の中を走っているかんじでした。
車を降りたら、薄着だったせいもありますが、凍えるほどの寒さでした。
いまや、お犬様はそんな厳しい環境では過ごさないのでしょうね・・・
そのかわりに、こんな寒い場所に羊の群れがいました。耳が長くてうさぎみたい。
c0166082_23163449.jpg

そして、ローザンヌの家に着き、ついに最後の夜がやってきました。
妹が、ラクレットのディナーにしてくれました。ラクレットチーズを溶かして、ジャガイモにかけていただくスイス料理です。
チーズで始まり、チーズで終わった旅でした・・。
c0166082_2317528.jpg

我が家のサルのあみぐるみは、妹とお揃いなので、(というか、我が家がマネして買いました)連れて行きました。
サル達も、お別れです・・。
翌日、10月11日、晴れ。ジュネーブ空港で妹夫婦とお別れをし、ヒースロー経由、12日朝に成田に到着しました。
夢のような時間が終わり、現実の世界へ・・・・。
c0166082_23401330.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2009-10-10 17:00 | 2009年(スイス・イタリア)
トリュフ祭り!
c0166082_2227168.jpg

この日は、車でトリュフ祭りに向かいました。10時にはB&Bを出発していったのですが、もう会場の駐車場は満車;;
会場へ向かう道も、渋滞していました。皆さん、すごい意気込みですね~ 笑
ちょっと離れたパーキングに車を止めて、いざ会場へ。
1人2ユーロのエントランスフィーを支払って、テントの中に入ります。
c0166082_22272664.jpg

中に入ると・・・ものすごい活気!!
メインはトリュフですが、ポルチーニ、パスタ、チーズ、ワイン、などなどイタリア食材のお店でいっぱいです。
c0166082_22292227.jpg

こんなにゴロゴロとたくさんのトリュフを見たのは初めて・・・
c0166082_2227573.jpg

お店の人が、トリュフの香りをかがせてくれます。
c0166082_22273471.jpg

私の大好きなポルチーニもたくさん!!我が家用とお土産用に買いました。
トリュフはやはり高価ですし、どう使っていいかわからないので・・・・。
c0166082_22274336.jpg

あと、パルメザンチーズも買いました。1キロで17ユーロ。安い!写真のかたまりをそのまま買いました。
ハードなチーズなら持ち帰れるし、冷凍すれば長期保存できますしね。友達にカケラをあげてもいいし♪
c0166082_22324738.jpg

このおじさん、帽子にトリュフつけてる~。
c0166082_22294078.jpg

ワインコーナーでワインをいただきました。銘柄を伝えると、
素敵なソムリエがその場でワインを開けてグラスにそそいでくれます。
あと、Astiのスプマンテの試飲もできました。知らなかったのですが、Astiは、このあたりの地名なのです。
若いころ、甘いスパークリングが好きでよくアスティスプマンテを飲んでいたのですが、
本場のアスティスプマンテが飲めて感激。
c0166082_2230112.jpg

パスタにトリュフを削ってみたり。絵になりますね~。
c0166082_22301583.jpg

この後、ピッツェリアでランチをして、ローザンヌに向かいました。
c0166082_22302639.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2009-10-10 12:27 | 2009年(スイス・イタリア)
イタリア アルバのアグリツーリズモ
c0166082_2157187.jpg

10月10日、晴れ時々曇り。
スイスの山とミラノではその日の行動を決めるために毎日朝の6時には起きて天気を確認していたのですが、
もう妹夫婦にコバンザメのようについて行けばよくなったこともあり、気がゆるんだのか、
この日は8時過ぎまでゆっくり寝ていました。
私達が泊まった部屋は、こんな離れの2階でした。
イタリアでは、アグリツーリズモといって、田舎にあるこうした宿が人気があるそうです。
妹夫婦がリビングにあるベットで寝て、私達にはベッドルームを使わせてくれました。
こんな大きなキッチンダイニングのスペースがありました。家にこんな大きなキッチンがあったらなぁ・・。
c0166082_21571032.jpg

階段を降りると、こんなモノが。洗濯板?
c0166082_21571953.jpg

朝食をダイニングルームでいただきました。
入口にはワインもたくさん置いてありました。井戸の跡のようなものがあったり、味のあるインテリアです。
朝から、こんな美味しそうなチーズがとり放題!手作りジャムやタルトの種類もたくさん。
c0166082_21573185.jpg

妹からは宿泊料を聞いていなかったので、お部屋も素敵だったし、いったいおいくらなんだろう?と思っていたのですが。
チェックアウト時に、2分割して清算をしてもらったのですが、なんと・・2人で57ユーロ!!!安っ!!
ミラノのホテルの1/4ですよ・・・。やはり都会のホテルは高いですね;;
とても快適で景色の良いB&Bだったので、その安さに驚きました・・。妹よ、ありがとう。
c0166082_21574047.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2009-10-10 10:14 | 2009年(スイス・イタリア)
イタリアのカントリーサイド Albaへ
15時に妹夫婦とマルペンサ空港で待ち合せて、しばしミラノ郊外をドライブ。
カーナビを駆使して、自分たちだけでは絶対行けないようなこんな田舎町に連れてきてくれました。
ミラノの南西で、標識によくトリノ、と出てきたのでトリノの近くだったのかな。
Albaというワインの産地です。宿泊したB&Bからは一面のブドウ畑が眺められます。
c0166082_0375598.jpg

日が落ちてきましたが、お散歩をしました。
c0166082_038776.jpg

とっても静かな町です。
c0166082_0381518.jpg

そして、ディナーは、車でトリュフ料理が食べられるレストランに行きました。
お食事のコースのほかに、トリュフをグラム単位で買って、このように色々なお料理にトッピングしてもらいます。
こんなぜいたくなトリュフ・・・初めて食べました。今まさに収穫の時期で旬モノなので、ものすごい香りです。
c0166082_0382450.jpg

とっても雰囲気のよいお店でした。自分たちだけでは、こんなお店には来れないでしょうから、妹夫婦に感謝です。
ですが、実は、B&Bからレストランまでの山道で車にかなり酔ってしまい・・・
誰にも言いだせなかったのですが、軽い吐き気と戦いながらワインやお料理をいただいていました;;
アンチョビ、鶏肉のサラダ、生肉、揚げパンのようなもの、そしてこのパスタはオリーブオイルでなくてバター風味。
コース料理だったので、次から次へとお料理がでてきて、しかも全てコッテリ系;;
体調が良ければかなりテンションが上がったはずなのですが、お料理が来るたびに、
『美味しそう~!でも全部食べられるかな・・・』と複雑な気分でした 笑
でも、頑張って全部食べましたよ。最後のパスタは半分主人に食べてもらいましたが・・
これも旅の良い思い出です。私って、つくづく乗り物に弱いな、と実感した日でした。
c0166082_0383493.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2009-10-09 20:35 | 2009年(スイス・イタリア)
ミラノでショッピング
c0166082_04204.jpg

10月9日 曇り時々雨。
この日は15時にミラノのマルペンサ空港で妹夫婦と待ち合せ。
ホテルをチェックアウトして、荷物を預けて、またドゥオーモ広場へ行きました。
こんな入口の、素敵なプチホテルでした。たまたま、オーナーの奥様が素敵な日本人のマダムでした。
ご主人はイタリア人ですが、日本語が上手で、私達が預けた小分けにした荷物のコンパクトさを見て、
『荷物小さいのはいいよ~。日本人の若い女の子は大きいスーツケースで大変そうでかわいそうね~』
と陽気に話しかけてきて、面白かったです。

ホテルの至近距離に、サンタ・マリア・デ・レ・グラッツェ教会があります。
あの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』がある教会です。
予約が必要なのですが、運がいいと予約なしでも入れるかも?という情報はWEBでも見ていて、
ホテルのレセプションの人もそう言っていたのですが、やはり並んでいるし、待たされそうだったので、
行くのはやめました。いちおう10年くらい前に観た経験があるので・・・。
映画のダヴィンチコードで有名になりすぎて、予約をとるのが難しい状況のようです。
ツアー会社を通さないとなかなか予約できないようなのですが、通常料金の4倍とられるとか;;
c0166082_043562.jpg

ドゥオモの中に入ってみました。
c0166082_044473.jpg

そして、外に出ると・・・大雨!!
c0166082_045330.jpg

すぐ横にあるデパート、リナシェンテに避難して、お買い物タイムです。
c0166082_05429.jpg

そして、雨が上がったので街を探索していると、何やら赤い旗をかかげてデモ行進している人達が・・・
ドゥオーモに向かってデモ行進しているようでした。最初はお祭りか?とか思ったのですが、
ドゥオーモに近づくにつれて、爆竹を鳴らしたり、ちょっと危険なムードに・・・
広場が人で埋め尽くされてしまいました。
c0166082_052820.jpg

観光客は、皆めずらしがって写真を撮っていて、私も気にせずそうしていたのですが、
機動隊が現れたり、爆竹の回数が増えたり、さらにムードがおかしくなってきたので、
主人に『暴動になったらコワイから早く離れよう』と言われ、その場を後にしました。
c0166082_053916.jpg

ランチは、ホテルのマダムに教えてもらったリストランテでランチ。
適当にリゾットを頼んだら、イカスミでした。本場のイカスミリゾット、美味しかったです!
c0166082_055036.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2009-10-09 09:00 | 2009年(スイス・イタリア)
ミラノ 大迫力のドゥオーモ!
c0166082_23442724.jpg

ミラノに到着!ミラノ セントラル駅からホテルのあるCADONA駅までメトロに乗り、
チェックインをしてすぐにドゥオーモ広場に向かいました。
ずっとスイスの山の中にいたので、都会が新鮮。やはりイタリア人はオシャレですね。
ドゥオーモはずっと修復工事をしていたそうなのですが、今はそれも終わってとてもキレイです。
c0166082_23443793.jpg

正面からのたたずまいも圧巻なのですが、横から見ても、奥行きがあるので見事です。
c0166082_23444645.jpg

お腹がすいたので、アーケードを探索した後、イタリアンを食べました。
ポルチーニリゾット、美味しかったです!スイスでもイタリアンを食べたのですが、高い&味も普通で・・
やはりイタリアンはイタリアで食べるべきでした;;
c0166082_2344556.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2009-10-08 18:43 | 2009年(スイス・イタリア)
ツェルマット マッターホルンは雲の中・・・
c0166082_22464713.jpg

メンリッヒェン~クライネシャイデックのハイキングの後、グリンデルワルトに戻ろうとしたら・・・
グリンデルワルト行きの列車がトラブルのため動かず;;
ラウターブルネン方面から、遠回りをして戻ることになりました。。。
滝が見えたり、上の画像のような、また今までと違った風景が楽しめて良かったのですが、
乗り換え時間を含め2時間半のロス;;この日は天気が良かったので、早くツェルマットに着けば、
夕暮れのマッターホルンが見られるかな、と期待していたのですが、
グリンデルワルトから、シュピーツ、ブリークを経由してツェルマットに着いた頃にはもう、日が暮れていました。
実は、ローザンヌ周辺の義妹の家からグリンデルワルトに向かう日も、電車が遅れて、
予定のゴールデンパスラインに乗れない!?という危機があったのですが、
義妹夫婦が駅員さんに交渉してくれて、ゴールデンパスラインに無事乗ることができました。
接続している電車の遅れのために特急列車の発車時刻を遅らせるかどうかは、
駅のコントローラーが決めることだそうで、『連絡しておきます』という回答だったので、
モントルーに着くまではハラハラだったのですが・・・。
スイスの列車は時間に正確、という話だったので安心していたのですが、ヤラれました~。

そして、ツェルマットに到着。
駅のホームにノースフェイスのお店の入口があります。
スイスでは皆9割方アウトドアファッションにディパック。街の洋服屋さんもアウトドアショップばかりなのですが、
さすがに駅にあるのには驚きました。
c0166082_2215847.jpg

もう日が暮れていて、マッターホルンも雲に隠れてしまっていました。
街の雰囲気としては、日本の温泉街にあるスキー場のようでしたよ。
川沿いに、ホテルが建ち並んでいます。というか、街のほとんどがホテル?
マッターホルンがあるので春夏秋も人が来ますが、スキーシーズンは特に賑わうのでしょうね。
c0166082_22152679.jpg

これが、泊まったホテルです。部屋のバルコニーからもマッターホルンが見えるはずだったのですが、麓しか見えず・・・
c0166082_22154452.jpg

10月7日、曇り時々晴れ。
翌朝、早起きしてマッターホルンのビューポイントに行ってみましたが、マッターホルンの周りは雲がたくさん;;
全体的には青空もでていたのですが、高い山の近くは雲が発生しやすいのですかね・・・
ゴルナーグラード展望台に行く予定でしたが、やめにしました。(鉄道運賃も高いので)
とっても楽しみにしていたんですけど・・・ 本当に残念。無念。
c0166082_2215548.jpg

そのかわり、スネガ展望台というケーブルカーで5分で行ける場所があったので、そこだけは行こう!
ということで、駅に向かうと・・・ なんと3日前からメンテナンス中で動いていませんでした!OH!NO!
c0166082_2216414.jpg

その時間からゴルナーグラード展望台に行くには時間が足りなかったので、結局ツェルマットでは展望台には行けず。
街から麓を見上げるのみとなりました。
ま、ミラノまでの中間地点ということで・・・ グリンデルワルトでは晴れたし・・・ 
というわけで、残念な思い出ばかりが残る、ツェルマットを後にしました。
c0166082_22161486.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2009-10-07 17:14 | 2009年(スイス・イタリア)
メンリッヒェンからクライネシャイデックまでのハイキング
10月7日、朝から快晴!
この日はグリンデルワルトからツェルマットへ移動する日。
まず、グルントからロープウェイに乗り、メンリッヒェンからクライネシャイデックまでのハイキングコースを楽しみました。
グリンデルワルトに到着してから、曇りがちだったのですが、この日は快晴で暖かく、(というか、暑い?)
『そうなの!この景色がみたかったの!!』という感じで、嬉しくて写真を撮りまくってしまいました。
c0166082_8134796.jpg

緑の芝が朝日に照らされて、まるでベルベットのよう。高所から見下ろすと、ジオラマのようです。
c0166082_814858.jpg

メンリッヒェンに到着。360度広がるパノラマ。そして、誰もいない・・・。この景色を2人じめでした。
c0166082_8142925.jpg

そして、レストランの近くには、こんな絶景の中でシーソーに乗る少年が。
c0166082_8145043.jpg

ここから、クライネシャイデックまでの1時間半のハイキングです。
とにかく、朝の清々しい光を浴びながら、どんどん変わる景色を楽しみながら、とても気持ちが良かったです。
c0166082_81573.jpg

はるかかなたに、グリンデルワルトが見えます。
c0166082_8152367.jpg

犬を連れてハイキングしている人達。
c0166082_8154567.jpg

この老夫婦を抜かしたり、抜かされたりしながら歩いていました。
c0166082_8511357.jpg

そして、いよいよクライネシャイデックが見えてきました。
c0166082_816455.jpg

小さな展望台に登って、しばし休憩。
c0166082_8162045.jpg

こんなところに、綺麗な色の池がありました。
c0166082_8165257.jpg

駅の近くの展望レストランで、ランチをしました。ここのレストランは、美味しかったです!
c0166082_817883.jpg

テラスでビールを飲みながら、ソーセージ料理と、スープをいただきました。ボリューム満点・・・。
c0166082_8172584.jpg

本当に、お天気に恵まれて良かったです。やはり余裕を見て2泊にしておいて良かった・・。
雲のある景色と、快晴とでは、印象がかなり違います。
青空と、芝や山の緑、山頂の雪とのコントラストが素晴らしかったです。
この日のハイキングは、きっと一生忘れないでしょう・・・。
[PR]
by mrs_ladybug | 2009-10-07 08:44 | 2009年(スイス・イタリア)