カテゴリ:2010年(バスク・スイス)( 16 )
10日目 帰国・・・・
c0166082_23393092.jpg

ついに帰国の日がやってきました・・・ ぬいぐるみ達もお別れ。
(私も妹もぬいぐるみが好きなので、旅行の時には必ず連れて行き、ぬいぐるみ合戦的なことになります 笑)

妹がGeneva空港まで車で送ってくれました。
そして、エールフランス航空でパリ経由、東京に海の日の19日早朝に到着しました。
c0166082_23393581.jpg

そして、成田に着くと・・・ 異常な蒸し暑さ!!!
ヨーロッパは日差しが強くて暑くても、日陰にはいれば涼しいし、風も気持ちいい。
でも、日本の夏は、逃げ場がないですよね・・。はぁぁぁ・・・。
家に到着してひと段落しても、外に出る体力がないので、お寿司の出前をとりました。美味しい・・・。
c0166082_23393886.jpg

というわけで、これにて私の夏は終わりました・・・ 笑
ずっと今回の旅行を楽しみにしてきたので、廃人になりそうです。
夜は遊び疲れて記憶を失うように爆睡した日ばかりで、現地でのブログ更新ができない日が多く、
帰国してから、旅の余韻が残っているうちにと思い駆け足でのブログ更新となりました。

夢のような時間で、思い出もたくさんできました。
お天気にもとても恵まれ、日焼け止めを塗っていたのに結構こんがりと焼けてしまいました;;
色々とお世話になった妹夫婦と、多忙な身でありつつも会社を休んで毎年旅行につきあってくれる主人に感謝です。
今日(20日)から社会復帰して、日常の生活に戻りつつあります・・・。
[PR]
by mrs_ladybug | 2010-07-19 12:00 | 2010年(バスク・スイス)
9日目後半 Lausanne探索
c0166082_2383131.jpg

ついに、ついに、最後の夜です・・・。Annecyで夕方までくつろいだ後は、ローザンヌに戻り、ディナーです。
ここから、同じくローザンヌ近郊に住む妹夫の妹が合流しました。滝川クリステル似の美人ちゃんです。
c0166082_2354621.jpg

ディナーの後は、ローザンヌの街に詳しい彼女が、ガイドをしてくれて、街を探索しました。
アップダウンの激しい街なので、階段を上ったり、降りたり・・・。
c0166082_2355088.jpg

お茶をして、夜のレマン湖を眺めて、モーベンピックのお店でアイスを食べて・・・。
翌日は飛行機で寝るだけなので、夜遅くまでローザンヌの街を楽しみました。
c0166082_2355693.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2010-07-17 23:38 | 2010年(バスク・スイス)
9日目前半 Annecyまでドライブ
c0166082_22515170.jpg

この日は土曜日。日曜朝の便で東京に戻る予定で、土曜日の予定は特に何も決めていなかったのですが、
妹夫婦が車で1時間程のAnnecyに連れて行ってくれました。
Annecyは、ヨーロッパで一番透明度の高い湖のある街。本当に、水が透き通っていて、湖の底まで見えました。
あいにくこの日は曇り空でしたが、晴れると湖が青く輝いてとてもキレイなのだそうです。
運河沿いにお店が立ち並ぶ、かわいらしい街です。
c0166082_22514887.jpg

c0166082_22515574.jpg

芝生でピクニックランチをしたり、お散歩した後は、車で対岸までドライブ。
湖半の高級ホテルのラウンジで、まったりと2時間くらいお茶していました。
お茶している間に一瞬晴れて、湖がキラキラ輝きました!
c0166082_22515797.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2010-07-17 17:05 | 2010年(バスク・スイス)
8日目 Flybaboo に乗って Genevaへ
c0166082_22202092.jpg

Ostapeで迎えた朝。テラスにでて、山から日が昇るのを眺めました。
山の朝はとても静か。鳥と羊の鳴き声が聞こえるのみです。

ゴルフカートに乗って、レストランへ。ゆっくり朝食をいただきました。
11時半まで部屋でゆっくりし、チェックアウトをしてBiarritz空港へ向かいます。
c0166082_22202378.jpg

OstapeからBiarritz空港までの道は、TomTomのナビは行きとは大違い。
すぐに大きな通りにでて、1時間程で到着しました。
火曜日にBiarritz空港に来た時は、これから始まるバスク旅行への期待でワクワクしてたのに。
寂しい気持ちでいっぱいになりました。。 さようなら、バスク!
Genevaへは、エールフランスの子会社、FlyBabooというエアラインに乗りました。
いちおう格安航空、ということなのですが、価格はさほど安くはなく。
でも、Genevaまで直行できる利便性を優先してFlyBabooを選びました。Babooってネーミングがかわいいですよね。
c0166082_22202778.jpg

機内はとてもきれいで、シートの配置もとてもゆったりしていて、快適。
たった1時間程のフライトでしたが、パン・ミネラルウォータ・エスプレッソまでサーブされました。
c0166082_22202932.jpg

そして、飛行機から降りる時に、なんとシャンパンまで配布されました!しかもPOMMERY!
c0166082_22203325.jpg

GenevaからMorgesまで電車に乗り、妹の家に戻りました。
この日の夕食は、疲れた胃を休めるために、日本から持ってきたうどんを食べました。
あと、ナスの煮物と、ズッキーニとあさりの蒸し煮も作りましたよ。久しぶりの醤油味。やっぱりほっとする味ですよねぇ。
c0166082_222036100.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2010-07-16 22:19 | 2010年(バスク・スイス)
7日目後半 山バスク Bidarray Ostapeステイ
c0166082_23332494.jpg

サンセバスチャンの街で買物を楽しんだ後、レンタカーに乗り再びフレンチバスクへ。
ずっと海バスクを楽しんできましたが、バスク旅行の最後のしめは、山です!
何もない山の中のオーベルジュで、ゆったりと過ごします。
サンセバスチャンを離れて山に入ると、こういった丘陵が広がる風景が続きます。
c0166082_23291743.jpg

田舎すぎて、Ostape(ホテル)の住所がそのままTomTomに入らないので、
ブッキングサイトにでていた緯度経度が正確でなかったことと、観光がてら近くの村を経由しようとしたことで、
山道をぐるぐる迷ってしまい、かな~りスリリングなドライブでした;;
対向車がきたらバックしてもどらなければいけないような細~い道をぐんぐん進んだり、
『ここ登るの~・・・?』というような細いジャリ道を進んだり、私有地に近かったからか、番犬に追いかけられたり・・・
最短ルートではなかったとしても、こんな道をも認識しているTomTomってすごい。
あそこでTomTomがなかったら、完全に遭難です。
これが借りた車です。フォルクスワーゲン、いいな。欲しいな・・・。
c0166082_23292577.jpg

なんとかOstapeに続くゲートを見つけて、到着です。広大な敷地に、宿泊棟が点在しています。
ゲートに車をとめて、敷地内はゴルフカートで移動、という面白いシステムです。
c0166082_23293666.jpg

1Fのリビング。
c0166082_23295150.jpg

2Fの寝室。
c0166082_23294853.jpg

寝室の横には、広いバスルームがあります。
c0166082_23295486.jpg

迷ったせいで到着したのが20時すぎになってしまいました。それでも、この明るさ・・・
ちょっと部屋でくつろいでから、ディナーをいただきにレストランにゴルフカートで移動しました。
c0166082_23333156.jpg

38ユーロのコースをいただきました。今回の旅行の中で、一番の御馳走かも。
値段的には、ビアリッツのフレンチレストランの方が上でしたが、やはり田舎価格なのでしょうか。
それにしても、この雰囲気でこの内容は、お値打ちだと思います。大満足。
c0166082_2330535.jpg

デザートをいただく頃には、空が暗くなってきました。
かわりゆく景色を眺めながらのディナーは格別です。
c0166082_23354349.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2010-07-15 23:07 | 2010年(バスク・スイス)
7日目前半 サンセバスチャンの海~
c0166082_2238395.jpg

前日は曇り空だったサンセバスチャン。なので昨日はバルめぐりに徹したのですが、この日は朝から快晴!!
さっそく朝食を食べた後、海へ向かいました。
サンセバスチャンはスペインの海バスク。セレブな雰囲気のビアリッツとはまたちょっと違った雰囲気です。
パラソルは、こんなかんじ。やっぱり統一されてるところがオシャレですね。
c0166082_20274067.jpg

ビアリッツは皆、日焼けや波遊びをしているのに対して、
サンセバスチャンは、弓状に続く海岸を散歩している人がたくさんいるのが印象的でした。
長~い海岸を、ひたすら歩いて、折り返して、また歩いています。
c0166082_19461385.jpg

ランチは、コンチャ海岸沿いのカフェにて。
サンセバスチャンに来て思ったこと。物価がフランスバスクに比べて、安い。
こんなロケーションのカフェで、前菜・メイン・デザート・飲物つきで15ユーロでした。(このお店は味は普通でしたが・・・)
繁華街のお店も、セール中ということもありますが、とても安いので思わずサンダルを衝動買いしてしまいました。
あと、ZARA HOME というZARAのインテリアショップがあって、安くていいモノがあって楽しかった♪
写真立てや、キッチンクロス、などなど色々買っちゃいました。ZARAってスペインのブランドですものね。
c0166082_22381542.jpg

パラソルの下にいても、陽がさしてきて、腕がイタイ~。
今回の旅行は晴天続きで、日が落ちるのも21:30頃。ずっと外で歩きまわっているわけなので、
日焼け止めを塗ってはいるものの、だいぶ日焼けしてしまいました。主人は何も塗らないので、この頃には腕が真っ黒。
c0166082_22381971.jpg

そして、太陽が街と海岸を照らしはじめる時間まで待ってから、
ケーブルカーに乗って、モンテ・イゲルドへ。そう、この景色が見たかったの!!!
朝にもここに来たのですが、逆光で全然違う景色でした。
c0166082_22402526.jpg

真っ青な海。こんな場所が日本にもあったらなぁ・・・
この後は、またレンタカーに乗ってフランスの山バスク Bidarrayのオーベルジュ、Ostapeに向かいます。
c0166082_22382327.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2010-07-15 12:07 | 2010年(バスク・スイス)
6日目 後半 レンタカーでSan Sebastianへ
c0166082_21294240.jpg

ビアリッツのホテルをチェックアウトし、予約しておいたレンタカーをピックアップするために空港へ。
ビアリッツ空港はとても小さいのでレンタカーのカウンターもパーキングもわかりやすい。
ドイツのレンタカー会社、SIXTレンタカーでフォルクスワーゲン GOLFを借りました。
なぜかフランスのレンタカーはマニュアル車ばかりでオートマを借りると高いので・・・マニュアル車です。
カーナビは妹からTomTomを借りました。これ、ヨーロッパで普及しているポータブルのカーナビ。
ヨーロッパの地図が全部入っていて、1万円くらいで売っているそうな。
さずがに地図は粗いですが、十分便利。操作方法もシンプルで、わかりやすいです。
これがなかったら、もうありえません。数年前にイギリスのカントリーサイドをドライブした時は、
カーナビなしで地図を見ながらナビして結構大変でしたが、今回はとてもラクでした。
主人はイギリスで学生時代に車に乗っていたのでラウンドアバウトには慣れているのですが、
初めての右側通行と、久し振りのマニュアル車だったので、最初はドキドキ!!
ビアリッツ~サンセバスチャンは高速に乗って1時間程度の距離なのですが、
TomTomで高速を避ける設定にして国道を走っていきました。
が、サンセバスチャンに近づくと、ナビが高速へと誘導・・・・そして街は結構栄えており、一通地獄!!
狭い道に路駐もたくさんで、空いている駐車場を見つけて入れるのに一苦労でした。

繁華街にあるこじんまりとしたB&Bにチェックイン。
到着すると、リビングでオーナーのLuzが『ここでは何をしたい?』と聞いてきたので、
『スペインバルめぐりと、高台からの景色が見たい!』と答えると、
地図をくれて、たくさんのおすすめのバルと、散歩コースをペンで追記してくれました。
こういうアットホームなかんじが、B&Bのよいところですよね。
c0166082_21294831.jpg

ダブルルームで1泊朝食つきで1人40ユーロ。インテリアのセンスもよいし、場所もいいし、かなりお値打ちです。
バスルームは隣の部屋と共同なのですが、幸いお隣はいなかったので、全く問題ありませんでした。
c0166082_21295010.jpg

そして、部屋でちょっと運転疲れをとってから、バルめぐり開始~。
まだ夕方で外も明るく、閉まっているバルも多かったのですが、空いているバルから攻めていきました。
c0166082_21301255.jpg

2件目。Luzが教えてくれた通り、まず飲物をオーダーしてから、カウンターにあるタパスを見て選びます。
飲物は、チャコリ!スパークリングのリンゴ酒、みたいなものです。こうやって注ぎます。
c0166082_21302015.jpg

カウンターにたくさんのタパスが並んでいます。
c0166082_21302463.jpg

最後にいったバルは、今までの老舗バルとは違ったモダンな雰囲気。
日本の雑誌にでていて、Luzにも勧められたので行ったのですが、人気のお店のようでどんどん人が入ってきました。
メニューにはテンプラ、神戸バーガー、なんて単語も入っていて日本を意識したメニューもあるようです。
Englishメニューをもらったのですがおそらく定番メニューのみで、
お店の大きい黒板に書いてあるたくさんのメニューはスペイン語で何が書いてあるのかサッパリわからず・・
c0166082_21302918.jpg

本当は4件はしごが目標だったのですが、3件目でだいぶお腹いっぱいになってきたので、帰りました。
なんだか立ち飲みは慣れていないのでちょっと落ちつかなかったりしますが、
これが本場のスペインバルか~!と、雰囲気を楽しめました。
きっと、私達が帰った後にお客さんはもっと増えて、盛り上がりはピークになるのでしょう。
そうなると、オーダーするのも大変なようなので、空いてる時間に行けて良かったです。
c0166082_21303266.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2010-07-14 23:00 | 2010年(バスク・スイス)
6日目前半 Biarritz マルシェへ
c0166082_21485.jpg

ビアリッツで迎えた朝は曇り空。
外を歩くと快晴だった昨日とは違う街みたい・・・ やはりお天気でだいぶ印象が変わりますね。
この日はお昼までまたビアリッツ探索。マルシェに行きました。
体育館のような屋内にある常設マルシェです。お客さんがたくさんいて活気がありましたよ。
新鮮そうなシーフードがたくさん!
c0166082_2141488.jpg

こちらはお野菜。
c0166082_2141875.jpg

こちらはスパイス。陳列がオシャレですよねぇ。
c0166082_2142238.jpg

こちらはバスク生まれのお菓子、ガトーバスク。
小さいホールが500円程だったので、朝ごはんかわりに買いました。
c0166082_2142680.jpg

チーズとか、バターとか、お菓子とか、買いたいのだけれど要冷蔵モノは移動中に傷んでしまうのでガマン・・・。
買えなくても、見て回るだけで楽しい場所でした。
c0166082_2145289.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2010-07-14 12:00 | 2010年(バスク・スイス)
5日目 Biarritz 海バスク、満喫!
c0166082_8482676.jpg

Lyon発8:50のエールフランス便に乗って、10:00にBiarritzに到着しました。
ホテルに荷物を預けて、いざ、ビーチへ!!
真っ青な空と海に、白い建物が映えてとても素敵~。この上ないビーチ日和。
ビーチや海を眺めるCAFEは人でいっぱいです。
天気が良かったので、どこを見渡しても素晴らしい景色・・・
私は日本では大人になってからは海水浴とかにはいかない人ですが、こんな場所があったら、通いたくなりますね・・。
ここにいると、心が解放されてゆきます。
ビーチにはストライプのパラソルがたくさん。色違いできれいに並んでいて、カワイイ・・。
c0166082_8492967.jpg

カワイイだけでなく、実用的な形ですよねぇ。
c0166082_8505361.jpg

高台からの写真。ここビアリッツは波が高いので、サーファーもたくさんいます。
お昼なのに、波がすごいですよね。
c0166082_854576.jpg

そして、シーフードレストラン Chez Albert で、ランチです。
オイスターと、看板メニューの魚介スープをいただきました。
オイスター、全く臭みがなくて美味しい!
c0166082_854484.jpg

魚介スープも、濃厚で美味しい・・。最初は1皿をシェアしようと思ったのですが、もう1皿頼んで1人一皿たいらげました。
c0166082_8552878.jpg

お腹がふくれた後は、街を探索。
バスク織のお店や、スイーツのお店、ギャラリーラファイエットの地下の食料品売場などなど・・・
Artiga でキッチンクロスとポーチ、Herena で バスマットとタオル、食料品売場で バイヨンヌの塩を買いました。
バイヨンヌとはビアリッツの隣町なので、地元産の塩ですね。私が塩を見つけてすぐに数個つかむと、
店員さんに『日本人は塩をたくさん買うけど、なんでなの?』と聞かれました 笑
日本では、ゲランドとかフランス産の塩が流行っていて、日本で買うと高いんだよ、と教えてあげました。(夫が)
c0166082_8571382.jpg

これは、オテル・ド・パリ。海沿いに立つ高級ホテルです。映画の撮影にもよく使われるとか。
c0166082_8574411.jpg

やがて日がかたむいてきて・・海に日があたって輝きだし・・
昼間はパラソルがあったところまで波がきて、波が高くなってきました。
c0166082_858815.jpg

20時になってもまだ明るくて、夕暮れもこれから。ライフセーバーの監視下で、波遊びを楽しむ人たちでいっぱいです。
やっぱり夏のヨーロッパはいいですね。ずっと明るいので夜までめいいっぱい遊べます。
本当は夕陽が見たかったのですが、20時からレストランの予約をいれてしまっていたので、後髪をひかれる思いでビーチを後にしました。

ディナーは、調べて予約しておいたビーチからはちょっと離れた L'Atelier というお店。
せっかくフレンチ海バスクにいるのだから、と海辺のカフェとかではなく、実力のあるお店を選んでみました。
雰囲気のあるお店なので、写真は撮らずにお食事を楽しむことに集中。
前菜・メイン・デザートのコースに、おすすめのグラスワインをいただきました。
c0166082_8591059.jpg

[PR]
by mrs_ladybug | 2010-07-13 23:46 | 2010年(バスク・スイス)
4日目 Geneva経由Lyonへ
c0166082_1651620.jpg

月曜日になりました。妹夫婦はお仕事があるので、今日から2人でバスク旅行に出発します。
See you friday evening ! としばしの別れを告げて、Morges駅へ。
Geneva経由Lyon行きのチケットを買うために窓口に並んだら、
国外に出る場合は隣のTravel agencyに並ばねばならなかったようで・・
この時点で、Genevaで待ち時間なく乗継できる予定の電車に乗り遅れたので、
Genevaで2時間ほど時間ができてしまい。途中下車することにしました。

Geneva駅から5分程歩くとすぐにレマン湖にでられて、あの有名な噴水も見ることができました!
広場のベンチに座って景色を眺めたり、探索したりしました。天気も良くてとても気持ちいい。
結果オーライ、途中下車してよかったです。
c0166082_16512088.jpg

そして、Lyon到着。最初は晴れていたのですが、だんだん雲が増えてきました・・・
c0166082_16513343.jpg

とりあえず、フルヴィエールの丘に登って、街を眺めました。
フランスに来たということで、美味しいものを食べよう!と調べてあったお店に向かい、
ディナーは私はリヨン名物のクネル、主人は腸詰を食べました。
c0166082_16514582.jpg

本当はこの日は妹とAnnecy観光をして、夕方から2人でLyonに移動して泊まるだけ、のはずでしたが、
天気も心配だったのでAnnecyは取りやめ、土曜日に予定変更しました。
Lyonは通過点、くらいにしか考えていなかったのですが、明るいうちから街を探索できて、
おまけにGenevaまで探索してしまい、予定外の観光となった1日でした。
[PR]
by mrs_ladybug | 2010-07-12 23:09 | 2010年(バスク・スイス)