スイスのチョコレート
c0166082_23552875.jpg

スイスでチョコレートを買ってきました。
私はビターチョコが苦手で、ホワイトチョコ系が好きなので、
COOPでクリームブリュレ味のホワイトチョコをたくさん買ってきました。毎日かじってしまい危険です・・。
他にも、パッケージが可愛らしい美味しそうなチョコがあったのでいくつか買ってきました。
c0166082_23553728.jpg

スイスは地域によって言語が違うので、チョコレートのパッケージにも、3つの言語表記がされています。
White chocolate という英語表記はなくて、上から

WEISSE SCHOKOLADE(ドイツ語)
CHOCOLAT BLANC(フランス後)
CIOCCOLATO BIANCO(イタリア語)

と書かれています。裏の成分表示もちゃんと3つの言語で表記されています。
現地で旅行してみて、改めて一つの国で複数の言語が話されているということの不思議さを感じました。
ちょっと電車に数時間乗っただけで、言葉が変わってしまうのですから。
妹の住むローザンヌはフランス語圏、グリンデルワルトなどの山のあたりはドイツ語圏でした。
イタリア国境近くの地域はイタリア語圏です。
それに加えてほとんど英語も通じるのですから、すごいです。
政府は何語で国民に呼びかけるのだろう?とか、素朴な疑問が多々わきます。
[PR]
by mrs_ladybug | 2009-10-19 00:11 | 2009年(スイス・イタリア)
<< 甥っ子 1歳のお誕生会 セントバーナード峠を越えてスイスへ >>